1.
1.事業計画と成果責任に対応し、個人の意志が反映された結果Imageの成果目標を設定します。
2.
期末に成果の大きさを相対評価ではない絶対評価で測定します。
3.
進捗度の遅い部下・目標に対して、「選択と集中」による Coachingを実施します。
   
 
Consulting Output
成果管理制 Sub-System
 成果指標 Database
目標設定 事例集
目標設定 教材
Coaching教材
成果評価 教材